産婦人科でも女性の薄毛の相談ができるの?

産婦人科でも女性の薄毛の相談ができるの?

 

女性の薄毛の原因には、ホルモンバランスの乱れが関係していることがあります。ホルモンバランスが乱れる原因として、妊娠、出産、そして更年期障害の症状のひとつとして現れることもあるようです。

 

女性にも男性にも、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が分泌されています。女性ホルモンはストレスに弱く、更年期や強いストレスによって、女性ホルモンの影響が弱まり、男性ホルモンが優位になることで、様々な症状が表れてしまうようです

 

産婦人科または婦人科で薄毛治療は、まずは血液検査でホルモンの乱れを確認し、場合によっては、ホルモンの補充療法で治療をしていきます。薄毛の症状と一緒に、他の更年期障害が出ている場合には、産婦人科で他の症状を緩和することでストレスが緩和され、抜け毛の解消につながる場合もあります。

 

女性の薄毛相談は、産婦人科、婦人科だけが単体であるクリニックよりも、同じ病院内に皮膚科や精神科も一緒にあるような大きな総合病院が良いでしょう。検査の結果、薄毛の原因が女性ホルモンの乱れではなかった場合、他の精神科、皮膚科、または総合的な頭髪外来を行っている医療機関などで、産婦人科では異常がなかった旨を伝えて、再受診をする必要があります。または薄毛を専門とするクリニックに相談してみるのもありです。

 

薄毛の悩みは軽視されがちですが、症状がすすんでからでは治療や完治までに時間がかかってしまいます。早めに受診をして、心が軽くなるような外出やおしゃれを楽しみたいですね。