女性の多くが抱える薄毛の悩みについて

女性の多くが抱える薄毛の悩み

日本人女性のうち、薄毛に悩む人の数は600万人以上と言われています。これは実に10人に1人という高い割合です。特に、年齢を重ねた方に薄毛の悩みを抱える方が多いようです。

 

年配の女性に薄毛の悩みが多い理由としては、加齢が挙げられます。女性ホルモンは美しい髪を保つ作用がありますが、年齢と共に分泌量が減ってしまう為、髪にボリュームが無くなってきてしまうのです。

 

ちなみに、女性ホルモンの分泌のピークは28歳と言われています。28歳を過ぎてすぐに薄毛になるというわけではなく、抜け毛が増えたり、髪にコシがなくなったりと徐々に髪全体が薄くなり、更年期を過ぎる頃には全体的にボリュームの無い髪になっているという流れです。

 

しかし、最近では働く女性も多く、そのストレスやケア不足、髪に良くない生活習慣などによって、20代や30代の若い方でも髪に悩みを持つ方が珍しくありません。ストレスの解消や、シャンプー・洗い方の見直しなど、少しの改善が予防策になることもあります。髪に良いケアや生活を目指してみてはいかがでしょうか。