薄毛と男性・女性ホルモンの関係

薄毛と男性・女性ホルモンの関係

薄毛や抜け毛の原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。男女問わず人の体には男性ホルモンと女性ホルモンが存在することはみなさんご存知かと思います。では、この2つと髪の毛はどのような関係にあるのでしょうか。

 

男性ホルモンは、男らしい身体(体つき・思考・生殖機能など)を作るのに係わっているものです。女性よりも男性の方が体毛が濃いのもこの影響です。

 

しかし、体毛に影響するのは側頭部から下の部分だけで、前頭部や頭頂部に対しては髪の毛の成長を阻害するという働きをしてしまいます。男性らしい体つきで体毛も濃いのに、頭のてっぺんだけが薄毛という人が多いのはこのためです。

 

女性ホルモンは、女性らしい身体を作るのに係わっているものです。また、髪の毛を抜けにくくするという働きもしています。特に妊娠中はこの分泌量が多くなり、普段よりも抜け毛が減少します。女性特有の薄毛「分娩後脱毛症」が起きるのは、これの影響によるものです。

 

女性の薄毛、前髪の薄毛・生え際の後退

 

女性に起こる薄毛に、前髪やこめかみなどの前頭部から薄くなってきた、生え際が後退した、という症状が見られることがあります。これは、「牽引型脱毛症」と呼ばれるもので、髪の毛を引っ張る事により、髪の毛や頭皮に負担がかかって起きる薄毛の症状だと考えられています。

 

髪の毛を引っ張ると言われてもあまりピンと来ないかもしれませんが、例えば、女性に多い髪をきつめに結うヘアスタイルや、前髪もひとまとめで結うポニーテールなども、髪の毛を引っ張ってしまっている状態だといえます。また、若い女性に多いエクステンション(エクステ)装着も同様です。そう考えてみると、年齢を問わず、思い当たる方は多いのではないでしょうか。

 

もともとの髪質や頭皮の状態などによっても異なりますが、髪を強く引っ張れば引っ張るほど、引っ張っている時間が長ければ長いほど、牽引性脱毛症による薄毛が進行してしまう可能性があります。・同じ髪型を続けていたら、頭皮が透けて見えるようになった。・前髪やこめかみ部分が薄くなってきた。このような症状に当てはまる方は、牽引性脱毛症を疑ってみた方が良いかもしれません。